スペクトラムしい日々

自閉症スペクトラムの娘 (14歳) と家族、母の日常をゆらゆらと書き綴ろうと思います

また、春がやって来た

何だか久しぶりのブログです。 春のワタワタがひと段落し、何となく昨年のことをざっくりと整理しておこうと、 ふと浮かんだのですが。 昨年の夏に、本人に発達障害の説明をしたあと、 徐々に普通学級(協力学級)から支援学級で過す時間が増えました。 同時…

娘と一緒にカルテット (ネタバレ注意報)

今期、人気ドラマのひとつ『カルテット』。 出だしが遅れてしまいましたが、我が家でも確か、2話あたりから観ています。 このドラマを観ている方はご存知でしょうが、一言で言えば、ミステリアスな恋愛もの、という事にさせてください。 このドラマに私やオ…

メンヘラ? こじらせ熟女? そんな君の名前を教えて

エロアカを作って三ヶ月。 色々と試行錯誤しながら、何とかやっております。 エロ?裏?界隈はDという水面下で動いているから、TL上は穏やかな川の流れに見えてもなかなかどうして。 三ヶ月というと、若いカップルにとっては倦怠期の始まり…ツイッターも三…

エロアカ日記

8/11 エロアカ出張中なのだが、ちょっと不思議な体験をしたので呟いてみる。 題して『つむのアバンチュールに弾けた切ない夜』とでもしておこうか…(笑) 長いのでたらたらイきます(エロアカの決めゼリフ) エロアカは一カ月前から呟いている。 数日たつと、そ…

思いの外、夕飯と曜日の呟きが多いことに気づく

#なるべく結果が50対50になるアンケートを出題する選手権あなたは— ゆうつむぎ (@youtumugi) 2016年7月6日 すげえ、SとM合わせてもう17人も釣れてる…! https://t.co/4KXSbVcf8Z— ゆうつむぎ (@youtumugi) 2016年7月6日 や、ヤバい!M勢が!— ゆうつむぎ …

日々のタイムラインと下ネタと告白り(こっくり)さん

そろそろブログをまとめようと思いつつ、なかなか時間が取れないため、少し(かなり?)遡ってツイートを載せてみます。 真面目なツイからアホなツイまで、コーヒーでも飲みながら気分転換に・・・(なるのか!?) 褒めるっていうのは込み上げる自然な感情…

追憶

わりと端折ったり滞った恋愛してきたので、自分の本来のペースがわからない…。— ゆうつむぎ (@youtumugi) 2016年6月21日 誰かを好きになる→ 顔が見たい→ 声が聞きたい→ そばに近づきたい→ 話がしたい→ 体に触れてみたい→ その次あたりから曖昧— ゆうつむぎ (…

思えば遠くへ来たもんだ

「診断名を伝えましょう」 心理士さんにそう言われてさすがに「え……え??」って一瞬なりました。 それは、それこそは娘が診断を受けてからずーーーーーっと私の頭の中にあって、意識してきたことなのです。 今現在、娘にはまだ診断名を伝えてはいないし、そ…

支援の向こう側

娘の高校進学について、基本的には高等支援学校に進んでほしいと考えています。 オットは普通科にせよ職業科にせよ、普通高校に行ってほしいようです。 それは(定型児の) みんなと一緒に(定型児と同じ環境で) 学校生活を(定型児と) 楽しく過ごしてほしいと考…

夜空の誓い(脳内ミュージック)

娘が中学生になって もうすぐ2か月になります。 入学式がなんか・・・すんごく遠い昔のことのようです。 小学校の頃のことなんて 石器時代くらい大昔のようです。 とりあえず 元気に通学しています。 一緒に登下校する友達もいないし 自転車は乗らないと言…

聞いてくれてありがとう

前回のブログでは、結果的に身も蓋もない話になってしまった気がして… youtumugi.hatenablog.com なーんて思っていたら、にののさんのブログを読んで思い出したことがあるので、ちょっと書いてみます。 娘は12歳、高機能自閉症と呼ばれるものに位置している…

世界自閉症啓発デー

とても素敵なポスターですね。 日本の片田舎に住む私にとって「世界」と名のつくものは遠い雲のような存在です。 娘とのかかわりに頭を抱えたり、気をもむ生活の中、せいぜい住んでいる地域の教育や福祉、医療のあり方をあれこれ思い悩む程度に、日々を過ご…

『シンクロしました、私』

娘は毎週『ヒガンバナ』を欠かさず観ています。 【2016年 新TVドラマ】 堀北真希 主演 「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」 CM お笑いや仰天ニュースもの (ドキュメンタリーバラエティ番組と言うらしい ) も好きなんですが、ドラマは『ヒガンバナ』と『怪盗 山…

春よ来い

月曜日。 オットは月曜日が肝心と言います。 私もそう思います。 娘もそう思っているかもしれません。 月曜日の朝、娘を起こします。 さすがに、以前通りの起床時間には起きれませんでしたが、それでも最近にはない早さです。 そして淡々と身支度をして朝食…

リハビリからのリカバリー

先日、娘と病院に行ってきました。 娘は心理士さんと30分ほど過ごし、私は医師と最近の娘の様子を話します。 今年になって、3学期が始まってからの様子を話したのですが、話すと言っても前回の受診時と比べ、娘に大きな変化もなく、現状維持な感じです…と報…

メドゥーサは鏡を二度見できない

もう1つのブログ『Book of the njght』がとりあえず終了しました。やたーっ。 あいうえお順に女性名をタイトルにして、かれこれ3ヶ月…かあ…しみじみ。 私は約2年前からツイッターを利用しています。 きっかけは、上の子とともにスマホを購入したので、SNS…

愛しい教室

3学期が始まりました。 始業式、何とか間に合いはしたものの、大勢のいる体育館の中へは入る事ができませんでした。 廊下で扉越しに中の様子をうかがっていると、「終わります」の声が聞こえたので、一足先に教室へ。 教室で待っていると、クラスの子達が次…

懺悔の値打ちはあるかもしれない

カウンセリングを受ける中、私のこれまでの記憶や経験が、単に過去のものではないと気づいた時。 それが家族、特に子ども達に、共鳴とも言えるような強い影響を与えていると知った時、やはりぞっとするものです。 その頃から、もう1つのブログとして『Book …

気になるあの子

娘のクラスに片時もじっとしていない子がいて (この表現でほぼ合ってると思われる)、どの場面でも必ず注意されるし1番注意されているし何度も同じ事を言われ続けてる。あの子に薬を処方されたら、幾らか落ち着くのだろうか (もう飲んでいるのかもしれない)— …

12月の出来事

この前娘と一緒に中学校へ行き管理職と支援学級の先生と話をしてきた。はじめは1人で行くつもりだったが、何となしに「一緒に行く?」と言ってみたらうんと言ったのだ。— ゆうつむぎ (@youtumugi) 2015, 12月 10 私は今の娘の状態を踏まえて中学校でどのよう…

2016年 宇宙の旅

新年が明けて、私のカウンセリングは終了しました。 昨年の秋から、数回を1クールとして2クール行った事になります。 1クール目は、自分の想定内の過去を振り返る作業でした。 2クール目は、自分でも思いもよらなかった過去との再会でした。(まあ、大雑…

心・色・水・雲・綾

こころに形があるとしたら、どんな形だろう。色で例えるなら、どんな色でも存在できて、どんな風にも混じり合う… 例えば透明な水の中に、色水を1滴ずつ落とす。 幾つもの色を落とすごとに、水の中で色が拡散し、色と色とが混じり合う。 しかし等質となるこ…

すばらしい選択 〜 これでいいのだ

娘は4年生になってから、少しずつ悩みが増えてきて。それは周りの友だちとのぎこちなさだったり、支援学級の中にいる自分への違和感だったり。それはつまり、自分の周りにも少しずつ目を向けられるようになったという事。そして彼女なりに出した結論が普通学…

金糸銀糸でタペストリーを織ろう

心理士さんは水先案内人である。能動的に話をしているように見える私に、気づかれないように舵を取っている。深層心理の海の波を凌ぎながら、櫂を使って舟を進ませる船頭なのだ。こっち、こっちだよ...そうして灯台の仄かな灯りをめざす。延々とタペストリー…

世界の中心でエロと叫べばいい

何かを確かめたかった何かを探していたそれは自分探しと言われたりもする命とは何か、を確かめたかったのだろうか命はどこにあるのか、を探していたのだろうか自分の命やら他人の命やら特別な誰かの命やら命が位置としてではなく意味として、どこからやって…

生の扉を開ける呪文を唱える

呪文を唱えたら、目の前にあった大きな岩がゴゴゴゴゴゴ……という地響きと共に動き始めた。岩の向こうに隠れていたものが姿を見せる。それは私が生きるための源としているもの。呪文は何と唱えたのだろうか?自死についての考え方。同情もせず無情でいたいと…

格納庫に終いに行こうか

その記憶は長い間忘れ去られていて。 また、思い出したとしてもこんなに感情が溢れはしなかった。 私にとってポチの死は、ただの死でしかない。 死というものの、それ以上も以下でもない。 何を思おうと死は訪れる。 何を願おうと死は通り過ぎる。 何事もな…

扉の向こうに佇んでいたイノチ

生家には番犬が絶えることなく飼われていた。 高校の頃、知人から犬を貰った。その犬は元気が良く、落ち着きのないやんちゃ犬であった。 ポチと名付けた。 ポチを飼い始めてから数ヶ月したある日、誰かが散歩に連れて行こうとしたのだろうか。 多分、綱は付…

「死」という名前の扉を探しに

「あなたの生活の中には『死』が占める割合が多すぎるような気がする」 先日のカウンセリングで言われました。 その時に話題になったのが、先々週だったか、兄2と意味深な話をした事。 youtumugi.hatenablog.com そして私自身、死について考えるものがある…

「死」を乗せた貨物列車

最近、母のことを思うようになった。 私がまだ家族と一緒に住んでいた頃、母は家の中の出来事を知っていたはず。 なのになぜ、何も言わなかったのだろう。男達の言いなりになっていたのだろう。 実は母がある意味、ひとつの鍵になっているような気がした。 …

編集長、これでいいですか?

『6年間の思い出』小学校6年間をふり返ってみると、とてもあっという間のような気がする。反対にとても長かったようにも感じる。1、2年生の時の事はあまり覚えていないけど、毎年運動会や発表会があって皆んなで練習した。社会見学や遠足、お楽しみ会も毎年…

ブルータスお前もな!

「その本にどんな事が書いてあるの?」 先日、私が図書館から借りた本の事で兄2が聞いてきました。 『自殺する子どもたち』 自殺する子どもたち―自殺大国フランスのケア・レポート 作者: エレーヌリザシェ,シャンタルラバット,斎藤学,H´el`ene Risacher,Chan…

サスケ、写輪眼お願い!

体のどこかに傷を隠し持っている。ガーゼと油紙で覆われている傷は、何ともない、もうじき治るよと言い続けてきたが、実際は膿を持ち細胞の奥深くまで浸潤している。しかし痛みがあるとは自分では思えなかった。それならばとその傷に覆い被せているものを剥…

9月の頃の話2~ツンドラまでは凍土じゃない

今年度に入ってから担任の先生と2回目のご対面。しかも家庭のテリトリーで。 ちょっとだけドキドキしましたが (わたしが!) まあ、見た目何事もない光景でした。先生がふたつみっつ話しかけると娘も「はあ、はい」とややぶっきらぼうに答えます。そしてさり…

9月の頃の話

10月、発表会の練習に何度か足を運んだ事で、娘は学校という場所や教室という空間へのハードルが少しだけ低くなったようです。 実はその練習の前に、足を運ぶきっかけがあったのでした。 医師からは特性が重いと説明されつつも、登校刺激は気にせずやってよ…

DEAR MY TEACHER. Ⅱ

本当に未来なんて予測のつかないものですよね。 発表会の練習前は、スモールステップと言われても、具体的にどのくらいの感覚で進めていけばよいのか戸惑いはあったのですが… 学校へ足を運ぶ経験が少し積み上げられた事で、次につなげやすくなった感じです。…

つぶやきつなぎ

先週の話し合いの通り、学校に足を運んでみた。 今日は教室で先生の話をみんなで聞く時間。足取りはまずまずで、渋ることはなかった。 みんなのいる教室に入るのは1ヶ月ぶりか…。 教室に向かうもまだ休み時間中で、わいわいしていて教室に入るのを躊躇う様子…

泥地でも突進できるキャタピラはあなどれない

そして先生と2度目の教室面談。 娘と話し合ったことを娘の代弁者として話す母…娘から説明するのは難しいし、負担がかかりそうなので。 娘はまだ担任の先生に話しかけることもできません。返事をするのがいいところです。 わたしの中では、こうやって学校で先…

マインドコントロールはマイルドにしよう

先生からもらった宿題を持ち帰り1週間。 週末学校で先生と会うのですが、ぎりぎりまで宿題には手をつけませんでした。 娘の反応を考えると、あまり気が乗らないんだろうなあと思われ…こちらから急かすのもなんだし…まあ、ほっとこうかなと。 対話をするのは…

いわゆる登校刺激

発表会が終わって次の週は、娘と2人でうだうだゴロゴロしていました。 わたしは一気に揉み返しがきたような気分で、何となくぐったり。 娘もそんな感じだったかもしれません。 何か理由を見つけて、また学校に足を運んでみる…という気分にもなれず。 ただ毎…

コトバのカタチ

ブログはその場所に刻むイメージ、ツィートは足跡を残すイメージ。ブログもツイートもそうなのだけど、まちがいなく自分の身体から生み出されたものだし、身体から1部分をちぎり取って文字に、文章にしている…つもり。ちぎったものはすでにわたしの身体の1部…

子どもも自分の範疇

昔父親に「お前は身内に冷たい」と言われたことがある。そういう父親こそ、自分の父親には冷たかった(私の祖父にあたる人)祖父が子ども好きなのかはわからないが、私にとっては間違いなく、父母よりも身近にいて寄り添ってくれた存在。それが祖父母なのだ。…

娘は道先案内人だった

好きな仕事はできなかったかもしれないけど、親に言われるがままの人生を歩んできたわけじゃない。 わたしはあなた達に、好きな仕事を選んでほしい、好きな道を歩いてほしい。 だから、あれがいい、これはダメだとは言わずにきた。 だけどそれが逆に、道標の…

旅への追伸

魂を拾う旅の意味心の中に横たわっていた幾つもの自分の死体を見届けることそれは巡礼にも似ているわたしは自分のためのお墓をこそ、用意すべきだったのかいや、用意するだけではなく、1つひとつ丁寧に弔う必要があった土をかけて、花を添えて(ずっと下書き…

本当のキモチ (発表会パート3)

発表会前夜。 娘の心は「劇にはもう出ない」 そう決めています。決めてしまったら、もう心は動きません。 心が動かないのに劇に出演するよう説得したり、何とか出演させるように仕向けたとしたら、娘の心は母から離れていってしまう気がしました。 だからこ…

おでんくーん! (発表会パート2)

総練習を観に行きました。 観に行くだけならいいと言っていたのに、時間が近づくとやはり「行くの面倒くさい」などとしぶり始めるので、「いいじゃん、観るだけなんだから。ほら、なかなか自分が出る劇を客観的に観る機会ってないじゃない? それはそれで面…

誘惑の観にスカート (発表会パート1)

小学校最後の発表会。 先生から台本を渡されてから本番までは3週間。 台本を手にした時は、食い入るように読み出しました。 そして来週から練習に行くというのです。 おお…演劇効果? (娘は劇や歌が大好きなのです) そして言葉通り翌週の月曜日から、何の抵…

昨日見た夢

「お母さんの夢ってどんな夢?」 突然娘が聞いてきた。 「え?! えっ? えー…? 夢って…これからやりたいこと?」 そうじゃなくて、夜に見た夢のことだった。 「お母さんさ、最近あまり夢を見なくなったんだけど、今朝はゆっくり起きる日だったから、 見た…

扉の向こうへ

娘の不登校が続くなか、いざなわれた魂の世界 その出口の扉にたどり着いたようだ 心はとても穏やかで安らかだ 嵐のあとの海の静けさ 不思議なのは この世界を歩いている後半 娘に対する自分の気持ちが楽になりだしたとほぼ同時に 娘が学校に足を向けはじめた…

最後のピース

パズルというのはおもしろい。 最初は悪戦苦闘しながらも、ある時、1つのピースがはまったことをきっかけに、次々とはめられる時がくる。 わたしの心の中には2つの柱が立っている。 わたしという神殿を支える2つの太くて大きな柱。 その柱はわたしに潜む…