スペクトラムしい日々

自閉症スペクトラムの娘 (14歳) と家族、母の日常をゆらゆらと書き綴ろうと思います

不登校

『シンクロしました、私』

娘は毎週『ヒガンバナ』を欠かさず観ています。 【2016年 新TVドラマ】 堀北真希 主演 「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」 CM お笑いや仰天ニュースもの (ドキュメンタリーバラエティ番組と言うらしい ) も好きなんですが、ドラマは『ヒガンバナ』と『怪盗 山…

春よ来い

月曜日。 オットは月曜日が肝心と言います。 私もそう思います。 娘もそう思っているかもしれません。 月曜日の朝、娘を起こします。 さすがに、以前通りの起床時間には起きれませんでしたが、それでも最近にはない早さです。 そして淡々と身支度をして朝食…

リハビリからのリカバリー

先日、娘と病院に行ってきました。 娘は心理士さんと30分ほど過ごし、私は医師と最近の娘の様子を話します。 今年になって、3学期が始まってからの様子を話したのですが、話すと言っても前回の受診時と比べ、娘に大きな変化もなく、現状維持な感じです…と報…

愛しい教室

3学期が始まりました。 始業式、何とか間に合いはしたものの、大勢のいる体育館の中へは入る事ができませんでした。 廊下で扉越しに中の様子をうかがっていると、「終わります」の声が聞こえたので、一足先に教室へ。 教室で待っていると、クラスの子達が次…

気になるあの子

娘のクラスに片時もじっとしていない子がいて (この表現でほぼ合ってると思われる)、どの場面でも必ず注意されるし1番注意されているし何度も同じ事を言われ続けてる。あの子に薬を処方されたら、幾らか落ち着くのだろうか (もう飲んでいるのかもしれない)— …

すばらしい選択 〜 これでいいのだ

娘は4年生になってから、少しずつ悩みが増えてきて。それは周りの友だちとのぎこちなさだったり、支援学級の中にいる自分への違和感だったり。それはつまり、自分の周りにも少しずつ目を向けられるようになったという事。そして彼女なりに出した結論が普通学…

9月の頃の話2~ツンドラまでは凍土じゃない

今年度に入ってから担任の先生と2回目のご対面。しかも家庭のテリトリーで。 ちょっとだけドキドキしましたが (わたしが!) まあ、見た目何事もない光景でした。先生がふたつみっつ話しかけると娘も「はあ、はい」とややぶっきらぼうに答えます。そしてさり…

9月の頃の話

10月、発表会の練習に何度か足を運んだ事で、娘は学校という場所や教室という空間へのハードルが少しだけ低くなったようです。 実はその練習の前に、足を運ぶきっかけがあったのでした。 医師からは特性が重いと説明されつつも、登校刺激は気にせずやってよ…

DEAR MY TEACHER. Ⅱ

本当に未来なんて予測のつかないものですよね。 発表会の練習前は、スモールステップと言われても、具体的にどのくらいの感覚で進めていけばよいのか戸惑いはあったのですが… 学校へ足を運ぶ経験が少し積み上げられた事で、次につなげやすくなった感じです。…

つぶやきつなぎ

先週の話し合いの通り、学校に足を運んでみた。 今日は教室で先生の話をみんなで聞く時間。足取りはまずまずで、渋ることはなかった。 みんなのいる教室に入るのは1ヶ月ぶりか…。 教室に向かうもまだ休み時間中で、わいわいしていて教室に入るのを躊躇う様子…

泥地でも突進できるキャタピラはあなどれない

そして先生と2度目の教室面談。 娘と話し合ったことを娘の代弁者として話す母…娘から説明するのは難しいし、負担がかかりそうなので。 娘はまだ担任の先生に話しかけることもできません。返事をするのがいいところです。 わたしの中では、こうやって学校で先…

マインドコントロールはマイルドにしよう

先生からもらった宿題を持ち帰り1週間。 週末学校で先生と会うのですが、ぎりぎりまで宿題には手をつけませんでした。 娘の反応を考えると、あまり気が乗らないんだろうなあと思われ…こちらから急かすのもなんだし…まあ、ほっとこうかなと。 対話をするのは…

いわゆる登校刺激

発表会が終わって次の週は、娘と2人でうだうだゴロゴロしていました。 わたしは一気に揉み返しがきたような気分で、何となくぐったり。 娘もそんな感じだったかもしれません。 何か理由を見つけて、また学校に足を運んでみる…という気分にもなれず。 ただ毎…

本当のキモチ (発表会パート3)

発表会前夜。 娘の心は「劇にはもう出ない」 そう決めています。決めてしまったら、もう心は動きません。 心が動かないのに劇に出演するよう説得したり、何とか出演させるように仕向けたとしたら、娘の心は母から離れていってしまう気がしました。 だからこ…

おでんくーん! (発表会パート2)

総練習を観に行きました。 観に行くだけならいいと言っていたのに、時間が近づくとやはり「行くの面倒くさい」などとしぶり始めるので、「いいじゃん、観るだけなんだから。ほら、なかなか自分が出る劇を客観的に観る機会ってないじゃない? それはそれで面…

誘惑の観にスカート (発表会パート1)

小学校最後の発表会。 先生から台本を渡されてから本番までは3週間。 台本を手にした時は、食い入るように読み出しました。 そして来週から練習に行くというのです。 おお…演劇効果? (娘は劇や歌が大好きなのです) そして言葉通り翌週の月曜日から、何の抵…

娘のドクター

娘が学校を休みはじめてから、わりと早い段階であちこち相談に足を運びました。 「あせらずゆっくり」「無理をしないほうがいい」と言葉ををもらうことが多かったように思います。 わたし自身、長くなりそうだなあと感じていたし、朝動けなくなってしまった…

もみかえし

娘が不登校になった春から、何ヶ所か相談に回り、 病院にも診察し、治療方針 (というか、未来への考え方、方向性のようなもの) も見えてきて、前に向かって動き出しています。 具体的には、通院と放課後デイサービスと適応指導教室に通うこと、 学校へのアプ…

現実の世界に戻れなくなる

母としては、娘に日中の活動を増やしてもらいたい気持ちはあるのだけど、 誘ってはみるものの、断られることが多い日々。 しだいに生活リズムが崩れてきていて、夜眠れていなかったり、朝になって爆睡したりとまちまちでした。 夏休み中は、兄たちもゆるみが…

登校刺激 に御用心

ケース会議での学校側、スクールソーシャルワーカー(以下SSWと略)の焦点は「登校刺激をどの程度進めてよいか」と言うこと。だったらしい。 登校刺激…その言葉を聞いたのは、ケース会議の前に、1度担任の先生とお話ししましょうということになった時…だった…

これが噂のケース会議なのね (後半)

さて、いよいよケース会議の始まりです。 話し合いはSSWさんの進行で進められました。 それぞれ自己紹介と、娘との接点といいますか、関わりのあった経緯など話していただきました。 次に担任とデイサービスと家庭 (私です) から最近の様子について報告・・…

これが噂のケース会議なのね (前半)

先日、学校で関係者が集まり、娘のことで話し合いが行われました。 不登校になってはじめてのことです。 最初、この話を管理職から持ちかけられた時・・・ 担任や管理職が参加するのは当然でしたから置いといて、ほかに参加してほしい関係者として、 学校内…

感情を表現するスキル

お母さんはもっと感情を表現したほうがいい・・・と言われました。 私は娘に障がいがあると知ってから今まで、娘には感情をあまり顔には出さずに接してきたように思います。 もともと上の子ども達にも、いえ、それ以前にも、自分はどちらかと言えば、感情の…

握りしめた手

今年の春に娘が学校を休みはじめ、10日ほど過ぎた頃だろうか。 私が出かけた先で、娘のことをよく知っている知り合いの方に出会いました。 その方は、娘が休み続けていることもご存知だったので、何となしに軽く挨拶をすると、私の手をしっかりと握り 「大丈…

はじめての教室、はじめての先生 (ゾクゾク)

目が覚めて 昼過ぎに娘は目を覚まし、遅い昼食 (そうめんなり) を取りました。 お腹が空いていたようで、1人分には多いかなと思える量をペロリと食べてしまいました。 「おなか大丈夫?」 「うん、大丈夫」 その後はまたいつものように、パソコンで動画を観…

はじめての教室、はじめての先生 (続)

家に帰る 娘を車に乗せて家に帰り、すぐに布団を敷き横になってもらいました。 もう痛みや吐き気はないとの事で、軽く水を飲ませ休ませました。 程なくして、娘はぐっすり眠っていました。かなりゆっくりと。 とても疲れたのでしょう、肉体的にも、精神的に…

はじめての教室、はじめての先生

不登校になってから4か月半。 夏休みを利用して、担任の先生と会う約束をしました。 『先生に会ってほしい』 今年度の担任の先生は、昨年度に協力学級としてお世話になった先生なので、授業で当てられたり、声をかけられた事もあります。 ただ、自分の担任と…

『今ここ』って誰のセリフ?

娘が不登校になり4か月半が過ぎた。 過ぎてしまえば何となくあっという間な気がする。 最近、放課後等デイサービスと適応指導教室を、それぞれ週に1回ずつ利用することになった。とりあえずそこまでこぎつけたので、少しは前に進めたような気持ちになってい…

DEAR MY TEACHER.

修学旅行お疲れ様でした。スケジュール忙しい中、おみやげを選んでいただいてお気遣いありがとうございます。 旅行に関しては、多分無理だろうと思ってはいましたが、それこそ病気・怪我にならない限りはゼロではないと考え、じっくり働きかけていました。 …

そういえば 昔読んだわ 三こすり半劇場

病院の診断が出ました。 診断と言っても、もともと別の場所で定期的に発達検査を受けていたので それに加えてP-Fスタディという検査と、木や人を描いて分析してもらい、 その結果から診断をもらいました。 診断名は「広汎性発達障がい」・・・ って、やっぱ…