読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペクトラムしい日々

自閉症スペクトラムの娘 (13歳) と家族、母の日常をゆらゆらと書き綴ろうと思います

オットの逆襲

障がいのこと
娘の翌年の小学校入学をひかえた秋、就学指導委員会が動き出す。
とうとうこの時期が来たか・・。
小学校には、支援級在籍で話を進める予定だった。
小児精神科医や支援センター、児相からもその方向で指導された。
私も納得している。
残すはオット・・・。
娘が言葉などの遅れから、支援センターに通うようになっても、
自閉症という診断を受けても、
「軽いんでしょ?」で済ませた、済ませられた安易なオットに、
入学したら支援級に入ると説明しなければならない・・。
すんなりは行かないだろうと覚悟はしていたものの、
やはり話し合いには、すれ違いや、価値観の違いのようなものが交錯しました。
オットは、なぜ娘が支援級に入らねばならないのか、寝耳に水という状態で。
真っ向から意見が対立してしまいます。
今まで娘のことで、ほとんど涙を流す事はなかった私も、
どう話せばわかってくれるのか切ないやら、日頃の不安があふれるやらで、
涙なみだの話し合い。
オットは泣いてなかったけど、心で泣いていたかもしれません。
・・・そんなこんなで、結果的には支援級という道を決めたのですが、
まもなくオットは、軽いうつ傾向になるのでした。
1週間くらいでしたけどね。