読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペクトラムしい日々

自閉症スペクトラムの娘 (13歳) と家族、母の日常をゆらゆらと書き綴ろうと思います

懺悔のようすを見おろす天使

娘のこと

カウンセリングでSCが娘に話してくれた数々の言葉。

検査の結果をもとに「みんなと同じだから自信を持っていい」こと、
4月からの登校のイメージや、6年生として過ごす1年間、その先の中学校へもある程度の見通しを立ててくれたこと、
娘の苦手としている部分 (本人はそれを認めたくないかもしれませんが) をお手伝いしたいということ、
それを自分でも意識して努力すれば道がひらけること、
・・・それらの言葉は、
母親という立場では、娘には聞き入れてもらえない言葉であったり、
私自身、うまく説明できないもどかしさのある専門的な言葉であったり、
もしかしたらそうかも・・と半信半疑のまま強く言い切れない言葉でもありました。
新学期を間近にひかえた娘が、新学期が始まる前に聞くことができて本当によかった、運が良かった。
タイミングがズレたり遅かったりしたら、全く意味のない言葉たちだったかもしれない (まだ結果は出ていないけど)。
・・ちょうど少し前、支援学級の担任から学校を休む前の娘の様子を聞くことができました。
向こうから何も言ってこないので「話したくない宣言」をしたにもかかわらず、恥をしのんで (大した恥でもありませんが) 担任と話し合う時間をお願いしたのでした。
その時の話の中で、当時「障がいについて」というテーマで取り組んでいた授業があったそうです。
その取り組みは1人でもいいし、何人かでグループを作ってもいいのですが、
娘は1人がいい・・との事で、図書室で本を借りて静かな環境で1人読みふけっていたそうです。
途中までまとめたものが修了式のあと届きました。
 
『心の障がい』
調べてわかったこと〜
*やってはいけないことをしてしまう
*小さなことでイライラする
*両親や兄弟のことが気にくわなくなる
*自分のことが嫌いになる
 
・・・なんか、その辺のホラー映画よりこわいんですけど・・・