スペクトラムしい日々

自閉症スペクトラムの娘 (14歳) と家族、母の日常をゆらゆらと書き綴ろうと思います

障がいのある生涯

いやあ〜・・

サポートブックができたあ・・
頑張れば、できるじゃん・・
やっぱり、必要に駆られないと行動できないもんですね・・
・・てゆうか、
やっぱり、もっと早く作っていれば
今回のあちこちの相談にも役に立てたし、
学校の中で、支援の方向性を確認したり、
家庭でも関わり方に統一できたのかなあ・・なんて・・
できあがった達成感とともに、
むなしい後悔もしております・・
まあ、でも
学校ではフェイスシートもろくに活用してくれなかったし、
家の中でだって、
みんながみんな同じ方向を向くことないかなあ・・なんて、
勝手な言い訳を作ったりしています・・
だけど、あらためてふり返ると、
あちらこちらのナントカ計画やら、
なんちゃらシートやら、
幼稚園からの連絡帳なんて何冊にも山積みになっているわけで、
「障がいのある人生って、
一冊の小説になっちゃうよなあ・・
ハリーポッター並みのシリーズになりそうだなあ・・」なんて
1人、感慨にふけるのであります。