読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペクトラムしい日々

自閉症スペクトラムの娘 (14歳) と家族、母の日常をゆらゆらと書き綴ろうと思います

ねえどうして涙が出ちゃうんだろう

とある相談機関へ娘と行ってきました。

最近娘は  相談関係の人に会うのをけむたがっていたのですが
病院と今回の相談だけは  一緒に行ってほしいとお願いして
娘の許可をもらっていました。
当初は相談員の人に  娘からも色々話を聞いてもらい
娘に対してもある程度のこたえ (アドバイス) がもらえるといいなあ・・と思っていたのですが
結果的にわたしと相談員との話がメインで
そのあいだ娘はほかの相談員と時間つぶしというか・・
その中で娘の様子を観察したり  話を聞き出したりはしていたようですが
娘に対してのアドバイスのようなものをもらうには  まだ時間が足りないのでした。
帰りの車の中で
「今日  どうだった? 疲れた?」と聞いてみると
「色々話したから疲れた」と言いました。
「どんなこと聞かれたの?」
それはあまり話したくないのか  面倒くさいのか  口が重かった。
多分当たり障りのない質問だったんじゃないかな・・と想像します。
ふと  お母さんがどんな話をしたのか気になってるんじゃないかな・・と思い
いやいや  絶対気になってるでしょ
ちゃんと話しておいたほうが安心だよね。
これからの事を一緒に考えようって話し合ったんだから。
それで何気に話を切り出しました。
「今日はね  むー (娘の仮名) が学校を休んでる事や  家でこんなふうに過ごしてますって話してきたんだ。
今日のおじさんはね  学校には無理に行かなくてもいいよって言ってたよ。
あとね  どうして行けなくなったのか  いつか話せるといいねって。
お母さんはまだそのわけを聞いてはいないけど  もしこれから先  話してもいいかなって思ったら  いつでもいいから話してくれる?
無理に話さなくてもいいから  話したくなったら教えてくれる?」
返事がないので娘のほうを見ると
涙ぐみながらこくりこくりと頷いていました。
あ  泣いてる・・
なんで  泣いてるのかな。
どうしようか迷いましたが  少し時間を空けて
「嫌なら無理して話さなくていいんだよ?  つらくなっちゃった?」と聞いてみました。
「べつに」
うん・・どうして涙が出ちゃうんだろうね
多分その涙は切ない涙なんだろうね
くやしい  かなしい涙。
だけど  その涙が流れてくれてうれしいような気がする。
あなたの感情がわたしに見えた気がするから。
お母さんはほら  前向きだからさ。