読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペクトラムしい日々

自閉症スペクトラムの娘 (13歳) と家族、母の日常をゆらゆらと書き綴ろうと思います

ぼくたちの失敗

娘の不登校をきっかけに、色んなところに相談に行って、話を聞いてもらったりアドバイスしてもらっています。

「娘が勉強する時に配慮すべきことはなんですか?」そう聞いたことがあります。すると、

「失敗をさせない事」

だそうです・・ぐぬぬ・・

そんなこと言われてもなあ・・

この前、大きな失敗しちゃったんだよね、だから不登校になったんじゃない。

通常級に行きたいと言って、先生の言われた通りに頑張ってやってきたのに、

いっぱいいっぱいになっちゃって降参しちゃったんだよね。

その結果ー不登校ーを、娘は「自分の失敗」と思っているかもしれない。

以前にも

頑張ってたよね、疲れちゃったね、

でも通常級に向かってチャレンジしたのはすごい事だと思っているよ。

というような声かけはしていたのですが、

学校に行けなくなったのは頑張りが足りないからじゃない、大人たちの配慮が足りなかったんだよ。

先生たちも慣れれば大丈夫と思っていたし、お母さんも通常級に行くならそうするしかないと思ってた。

『これはあなたの失敗じゃなくて大人たちの失敗なんだよ。』

学校に行けなくなったあたりの話題になると、表情が硬くだんまりになり、時には涙ぐむ娘。

折をみて、そんな事もまた話しかけてみよう。

森田童子のうたにあったね・・