読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペクトラムしい日々

自閉症スペクトラムの娘 (13歳) と家族、母の日常をゆらゆらと書き綴ろうと思います

待いっちんぐマチコ先生

性教育

今月、娘の生理がこない。

いつもは3週間前後でくるのに、1ヶ月を過ぎてもまだこない。
登校拒否とか、あちこち相談に行ったりとかあったから、精神的に不安定だったりも影響しているのかな・・
子どもの生理がこないこと・・
初潮からまだ1年たっていないし、まだ小学生だし、
多くの母親はさほど気にとめないかもしれません。
しかし。
わたしは結構気にする方なんです。
もしかして妊娠?とか・・
まさかとは思っていても、生理のある女の子であれば、可能性はゼロではないのです。
・・こんなことを考えるわたしは、おかしいと思いますか・・?
 
・・娘に発達障がいがあると知ってから、また、娘の場合その障がいが内向性のものであると知ってから、
わたしの頭の中ではいつもいつも、
娘に起こりうる犯罪・・特に性犯罪について考え続けてきました。
時々起こる幼女や児童の連れ去り殺害事件・・
考えるのもおぞましいけれど、事件に性被害が絡んでいることは珍しくないと思います。
そんなニュースを聞くたびに、遠いところの事件と他人事には思えず、
もし娘が同じような事件にあっても全く不思議ではないと思っています。
断っておきますが、娘の外見は並みです。
いえ、この際並みとか並みでないとかは関係ない事なのだと思っています。
 
障がいについては、わたしは比較的すぐに受け入れられたし、なるべく色んな人にも知ってもらい、理解して見守ってもらえたら・・という気持ちはありました。
しかし、娘の場合グレーゾーンのため、いつか自分の障がいと向き合う時期がくるかもしれない・・
そんな時に、自分よりも早い段階で周りの第三者的な大人や子どもに知られているというのは、何となく娘に失礼な気がして、公言を控えています。
それと同時に、娘の障がいが、特性が、不必要に他人の耳に入ることを恐れてもいました。
・・だって、何かされても、大声出したりしないとか、あまり人に言わないとか・・そういうの、いいように利用されそうな気がして・・
また、事件として取り上げられるニュースは氷山の一角であって、
幼い、小さな女の子の性犯罪はあちこちにあると思うのです。

 

日本一醜い親への手紙

日本一醜い親への手紙

 

 

  この本には、色々な形での親に対する憎しみや怒りを込めた手紙が記されています(うまく説明できない) 。なかでも衝撃的だったのは、父親(または父親的存在) からのレイプでした。
・・かなり前に読んだので、記憶が曖昧ですが、確かそんな内容のものもあったはずです・・。
性被害は必ずしも家庭の外で起きるとは限りません。
娘であれば、父親、兄、祖父、おじ、いとこ・・家族や親類であっても絶対にない、とは言い切れないのです。
わたしは並みの夫婦なので、並みに夫を愛していますし信頼もしています。
同時に息子達や親類の方々も信じています。
ですが、そういう気持ちとそういう事件は別の問題なのです。
・・とわたしは考えています。
信頼しているからといって、娘が幼い時でも男性の家族とは入浴させませんでした。着替えだって、結構気をつかうように注意してきました。
信頼していないから・・とは違うんです。家族であっても、お互いの性の部分を尊重したいというか、馴れ合いたくないのです・・。

 

そしてまた、学校は聖職の場であると昔は思われていたかもしれませんが、今となっては死語でしょうか・・
聖職というものほどあやしい職業はないのかもしれません。その言葉を隠れ蓑にしてあらゆるところで性犯罪を耳にします。
学校という、聖職らしき場で起きる事件でも、中にはおぞましすぎるものがあります。
 
・・つまりはどんな場所であっても、性犯罪は起きるときは起きる。
起きない時は起きない。
それは気をつけてさえいれば起きないのか、油断や隙を狙われるものなのかは・・わかりません。
女性の一生のうち1度は大なり小なり、何らかの性被害にあっている方は多いのではないかと思います。
そんな中で、障がいがあるというのは、残念ながらハンディキャップだろうな・・と。
そのハンディキャップを少しでも減らせるように、
娘には自分の気持ちを伝えてほしいし、困った時に困っている、と言ってほしいのです。
不審者の話題になればそのつど言い聞かせるし、
テレビでこわい事件があれば自分にも起こりうる事だと諭します。
また、性被害にあわないとしても、体はゆっくりと大人に近づいていきます。
この先好きな人ができたり、性について興味が高まるのは自然な事です。
もし好きな人であっても肉体関係を持ったからといって、うまくいくとは限らない。
もしかしたら、望まない妊娠だって全然あり得るのです。
そんな娘に母として、1人の人生の先輩おばさんとして、何を伝えよう・・

 

ティーンズ ボディーブック - 新装改訂版

ティーンズ ボディーブック - 新装改訂版

 

 

少なくとも、最低限の性の知識は伝えたいし、
恋愛はうまくいくとは限らない、
思いがけず、突然の性被害にあうかもしれない・・
それくらいの事は、常々、機会があるごとに、自然におしゃべりしたいな・・と思っています。
そしてもし失敗したり、被害にあったら・・・
・・どうしようか・・なんて言えばいいか・・今はすぐに思いつかないけど・・
そうだね・・「生きててくれてうれしい」・・って言おうかな・・・。
それより、早く今月の (もう来月になっちゃうけど) お客さんが来てほしい・・
あと1ヶ月こなかったら、まじで病院行くからね・・・