読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペクトラムしい日々

自閉症スペクトラムの娘 (13歳) と家族、母の日常をゆらゆらと書き綴ろうと思います

生の扉を開ける呪文を唱える

呪文を唱えたら、目の前にあった大きな岩がゴゴゴゴゴゴ……という地響きと共に動き始めた。
岩の向こうに隠れていたものが姿を見せる。

それは私が生きるための源としているもの。

呪文は何と唱えたのだろうか?




自死についての考え方。

同情もせず無情でいたいとも思わない。
許したいわけではないし許さないわけでもない。

ただ認めない。

絶対、ではない。それほど強い意志ではないと思う。
ただほかの誰かが、
「かわいそうに」「気持ちがわかる」「仕方のないこと」と受け入れる姿勢を示したとしても、
私は認めない、まる、なのだ。

確かにやむを得ない事もあるだろう。
自分の意志と言いながらも、突発的に衝動的に起きてしまう事もある。
誰かを苦しめたくてそうしたわけじゃなくても、
私は認めない立場でいたいのだ。

兄2には、私のその考えを伝えてみてはいる。

死んじゃだめだ、そう叫んでいてくれたのはポチだったのかな。
自分で死を選ぶことは、ポチへの裏切りになってしまうから。




ある時のカウンセリングで、私が生まれてからこれまでの出来事を話した時に、
心理士さんはこう言いました。

あなたが体を張って、悪い流れを塞き止めているのだと。

代々から引き継がれてきた忌まわしい慣習に、あなたは堰となって断ち切ろうとした。その慣習から娘の身を全力で守った。

だとしたら自分のこれまでしてきた事は、自分を傷つけはしたかもしれないが、意味あるものだったのかもしれないと思う。




その当時は、何のために自分がそうしているのかもわからないまま、何かに突き動かされるように、水の流れに逆らいながら泳いでいたと思う。
どこかの岸辺に辿り着きたくて。

今思うとその頃の私は、自分が価値のないもののように思えて、それを証明していたようにも取れる。
( ほらね、ほらね、)  と。

もしくは確認するためだったのか?
( 本当にそうなの? 本当に私は価値のない人間なの? )  と。

そしてその答えを探し始める。
( その答えはどこにあるの?  どうすれば見つかるの?
どれくらいの事をすれば、目に見えるようになるの? )

確かに自分に傷をつけながらも、何かを確認する事ができたのではないか。

探し物が見つかったのではないか。

辿り着くべき岸辺に、川の流れから這い上がることができたのではないか。

それは糸口の見つからない未来の話で、結果的には、娘や兄達を守ろうとする姿勢にはなり得たのかもしれないが、それを知る由もなくそうしてきたのだろう。

しかしポチの事を思い出した途端、それまで私の中で鬱々とさせていた自分の人生の出来事が、霞が晴れるようにすうっと軽くなり、大小様々の黒い闇が一瞬で消し去られた感覚があった。


あれらの出来事は、私には取るに足らない事だったよね?  ポチの命に比べたら。


確かに、後にも先にもあれほど強く誰かの命を切望した事はなかった。

ポチの命と同時にたくさんの何かが喪失したんだと思う。私の内側で。

その命を失った時、後にも先にもそれ以上の喪失感は味わえなかったし、その時すでに感じないように封印していたのかもしれない。

そして何事もなかったように生きていたつもりだった。

それが娘の障がいや不登校に、だんだんと追い込まれていき、あの時の空間に閉じ込められてしまったのか。


呪文の言葉は[生きろ ] だったかもしれない。