スペクトラムしい日々

自閉症スペクトラムの娘 (14歳) と家族、母の日常をゆらゆらと書き綴ろうと思います

if

今日は朝から忙しく、色んな想いにふける1日だったので、お風呂に入りながら頭の中を整理していた。

色んな想いをふり返り反芻する・・
もし、この1年、娘が娘に適した療育を受けられるなら、
学校生活なんていらない。
学校に行かなくてもいい。徹底的に療育をしてほしい。
それで娘が自信に膨らむのなら・・
みじめそうに、いじけた顔で下を向いて、授業を受けるくらいなら、
学校には未練はない、友だちにも未練はない。
もしも娘がまだ転校や引越しをしたいと望んでいるのなら、
最適な療育を受ける場所があるなら、
そこへ娘を連れて行ってもかまわない。
中学校だってそう。
今とほとんど変わらない人間環境で、
娘に夢や期待が膨らむのだろうか?
今よりももっと難しい勉強を、
孤独な教室でこなしていけるだろうか?
それならばその3年間、
どこかの寄宿舎にでも入って、
新しい生活環境と、新しい人間環境で、
新しいスタートをきるのも
いいのかもしれない・・
あれば、の話だけど・・
そして高等支援学校に無事入学して、あたたかい支援に見守られながら、
一般枠だか障がい枠だかわかんないけど、
元気に、胸をはって、笑顔で働いてほしいな・・
笑顔で生きててほしいな・・
お母さんも、笑顔で生きるから・・・
もしも、の話だけど・・・
そのためにはきっと、
もう少し『告知』というものに語り合わなければ
いけないのかもしれないね・・
あなたの「自信の持てなさ」や
「頑張ってもうまくいけなさ」を
あなた自身のせいではないこと、
それを伝えるには、
やっぱり『障がいについて語る』ことをしなければ、
「自分のせいじゃない」って、
認められないのかもしれないね、
もしかしたら・・・